仕事の評価は患者さんから

標準

薬剤師といっても、病院や薬局などの臨床現場で活躍する薬剤師から、製薬会社の研究開発や営業などメーカー勤務の薬剤師など幅広い活躍の場があります。新卒の薬剤師の募集でも、臨床薬剤師の求人から、企業薬剤師の求人まで幅広く掲載されていたように思います。新卒時は、やはり資格を最大限に活かして、臨床現場で知識をつけながら働きたいという思いがあり、病院薬剤師への道を選びました。その後、結婚を機に転職が必要となり、第二の職場として、製薬会社での仕事を選びました。資格があれば、自分自身の目標や、それだけでなく、プライベートとのバランスや働きやすさなど、その時の生活リズムに合わせた職種を選ぶことができるので、特に女性には良い資格だと思います。

やはり、新卒時には、新卒でしか入れない、または入りにくいとされる職種にチャレンジしておいた方が良いと、学生時代は先輩などからもアドバイスをもらいました。例えば、臨床現場であれば大手の大学病院や国立・公立病院など、メーカーであれば研究職や開発職などだと思います。病院間での転職や、研究職・開発職間での転職などは、周りでも聞きますがが、別職種からこれらの職種への転職となるとなかなか難しい印象があります。特に、薬局やドラッグストアなどは、MRなどからの転職というのも良く聞きますし、第二の転職での選択でも遅くはないのかなと思います。また、資格さえあれば、まだまだ薬剤師は需要があると思うので、希望条件に合わせて転職でキャリアアップしていくのは必然だと思います。実際に、多くの薬剤師が、就職してからもリクナビ薬剤師などに登録し、求人は常に確認しているのではないかと思います。