食べ物で変われる?

標準

長年連れ添ってきた愛犬、ラブ。
すっごくかわいいんです。出先から帰れば玄関まで迎えに来てくれるし朝はお目覚めの(^з^)-☆Chu!!

大事に大事に育てていたのですが、毛が減ってきたり食事量は変えてないのに太りはじめたり、変だなーとは思っていたんです。犬を飼うのはラブで2匹目ですが、以前飼っていた子は、引っ越しの時に実家においてきてしまって、しばらく会えないうちに、天国に行ってしまいました。だから、元気なときしか知らなかったんです。

ラブと一緒にいるようになって大分立ちます。そろそろ老齢といってもいいかも。
調子がよくなさそうなのも人間みたいに年齢のせいだよね、と思っていて、病院に行くのが遅くなってしまいました…。

先生から言われたのは、甲状腺機能低下症になっているということ。
よくよく調べてみると、毛が抜けたり皮膚が乾燥したりする皮膚の症状から、寒がりになったり体重が増えたり、元気がなくなったりする全身の体調変化までいろいろある自己免疫の病気だそう。毎日接していても、ちょっと調子悪そうで見過ごしてしまいますよね…。

あまりにも申し訳なかったと思って、できることを精一杯してあげようと、今は食事療法を取り入れはじめました。
好きなものを好きなだけあげるのはストップして(ついあげたくなっちゃいますが)、腸内環境を整えてくれるご飯を適量与えるようにしています。

これで病気が治るわけではないでしょうけど、身体に良いことを続ければ、ラブも過ごしやすいだろうし元気も出てきてきっと長生きしてくれると思うんです。
私より先にいなくなるのは悲しいけど、最後まで仲良くしていたいなーと思っています。

犬が甲状腺機能低下症になった時には食事を見直しましょう。