大人ニキビの対処

標準

大人ニキビ予防のため毎日6時間以上睡眠を確保してください。睡眠中肌を含んだ体全体が修復されて居て、これは血液を通し行われますが、起きてる日中血液のほとんどが脳に集まっていて、肌になかなか栄養が行かないです。しかし寝てるときは体の隅々まで流れしっかり栄養がいきわたりします。

そして眠り始め約3時間の間に成長ホルモン分泌が盛んとなって、肌の中で細胞分裂が置き、この時間眠りが浅くなるような外的影響を受けないようにしてください。

またアクネ菌は油を栄養に繁殖し、油分多い化粧品は、大人ニキビが悪化してしまいます。にきび肌はオイルは控えて下さい。ニキビができるから化粧水しか使えない方もいますが、肌が乾燥すれば角質が厚くなって硬くなり、毛穴をふさぐことがあり水分で補って肌を柔らかにしておくことが予防に必要となります。

大人ニキビのできやすい方は、ビタミンC配合の化粧水を利用してみれば改善でき、ビタミンCは色々なタイプがあって、肌への浸透を高めたビタミンC誘導体を選んでください。むかしからにきび用でイオウ配合の塗り薬が利用されていて、これは殺菌作用がありますが、脱脂作用があり、皮脂が多い10代の肌にはいいですが、大人が使うとがさついてきますから、控えてください。

ファンデの選び方次第で大人ニキビを悪化させることがあり、油分に含まれるクリームタイプのものはニキビができやすく、オイリーはだの方はパウダータイプのファンデ、ルースパウダーにしておいた方がいいでしょう。