週一回注文を基本として・日常ショッピング

標準

毎週土曜日はパルシステム・インターネット注文の日、翌週分注文の締日となるこの日は生活面の基本です。
食料品のジャンルは近距離のスーパーも利用しますが、一か月分としては生協商品の割合が多くなっています。

生活の基本と考えるのは注文数が多いのもありますが、週一回の購入で翌月初旬の精算、一か月分4~5回の利用平均は2万円前後という内容だから。
通常の利用金額は一か月で1万7千円くらいの範囲と考えて注文、月4回の注文ならば一週で平均4千円前後、4週分とすれば1万6千円です。

日常の節約を考えながら注文していると4回分合計は1万6千円、これならもう数品注文してもよいという感じでおやつ品目とか、休日の昼食用を選んだりします。
月に1万7千円の範囲と考えても千円少々の余剰分あるのだから、ここをきちんと一回分は4千円と収めるのもよいですが、安値キャンペーン等あれば利用することも。

注文金額から一年を計算すれば多いジャンルですが、野菜やフルーツ、日常でかさ張るという調味料なども配達という便利がよい点。
食費としては日常で、コンビニ弁当など割高商品はなるべく購入せず、自炊をしているのでインターネット注文は必要分として習慣になっています。

この状況で生活感が結構あり生活しずらいかというと、節約考慮の日々にもよい一面があると思えます。
ネット・ショッピングとしては一般的ショッピングのジャンルも利用、手元にある範囲で節約しながら、衣類やお洒落小物を購入できるのがよいひと時でもあります。